「即今・当処・自己」

2017年4月30日

「即今(そつこん)・当処(とうしょ)・自己(じこ)」
禅の言葉で、仏教の教えである。
「今、ここで私が生きる」という意味だ。

もう20年ほど前、武術の取材をしているとき、この言葉と出会った。
つねに「今」を考え、そしてその「今」、ここで生きていることを考える。
べつに仏教徒ではないが、仏教のこの言葉を本当に深く、大事にしている。

今、世界がきな臭くなり、その根底には宗教が流れている。
よく考えると、世界宗教のなかで、武力を用いることなく、国境を越えて広まったのは仏教だけだけなのだ。

なぜなのか。答えは「絶対」を生み出す心ではないだろうか。
森羅万象「絶対」はないと思っている。
だが、神を人は「絶対」ととらえる。

仏教のブッダは神ではなく、修行僧なのだ。
修行僧というのは死ぬまで、生きることを修行として、「今」を大事にしなさいと説いている。
「絶対」ではなく、「今」なのだ。

何か敵対しているイスラムとキリストは一神教なわけだから、「絶対」が存在する。
だがその根底は、ユダヤ教が生まれ、キリスト教となりイスラム教となったわけだから、元は同じ「神」から生まれた「絶対」のはずなのだが、違う「絶対」が生まれたことで敵対してしまう。
つまり「神」を、「絶対」と捉えるから、その「絶対」が違う、つまり「神」の違う相手は歪みあってしまうのだ。

だがこうやって考えると、日本というのは実におもしろい。
そもそも日本には神道があり、飛鳥時代に仏教が入ってきたのだが、「宗教」という言葉が生まれたのは明治になってからで、それまでは「宗教」という言葉などなかったのだ。

それまで日本語には、宗門、宗旨、宗派という言葉しかなく、他神を斥けることみなく、日本古来の万の神の対等の神として受け入れてきた、そのひとつとしての仏教だということだ。
そう考えると、日本人の捉えるキリスト感も同じ考えで、クリスマスを宗教観を持って祝っているわけではない。

もともと日本人の考えは、山や森、そこに住むあらゆる生きものも神と捉えてきたわけだから、「今、ここで生きる」。つまり自分の生きている自然の中で「今」を大事に生きなさいということが、ぼくたち日本人に流れている魂だということだ。

そうそう、「自然」という言葉も日本には必用なかった言葉で、ネイチャーの意味である「人が支配」しての「自然」ではなく、人は自然と一体で生きていたわけだから「自然」という観念さえ必用なかったのだ。

江戸時代まで仏教語だった「自然(じねん)」(あるがままの意)を借りてきて訳語としたのが、日本における自然の言葉の語源なのだ。

その自然(じねん)の生き方が「即今(そつこん)・当処(とうしょ)・自己(じこ)」だということだ。

 

いやいや大変でした。

2017年3月27日

いやぁ、この3月は大変な目にあってしまった。
Facebook乗っ取りからはじまって、実はiPhone自体を乗っ取られての10日間の格闘を残しておきます。

3月14日にFacebookのアカウントが乗っ取られ、乗っ取った“なりすまし”がメッセージを使って認可している友だちにメッセージを送るところから、この乗っ取り発覚が始まったわけだ
「今、忙しい?」
そのメッセージが来たらまず疑った方がいい。
なりすましのメッセージはこの言葉からはじまり、返事をすると「私のLINEが凍結されてるからそちらの携帯で検証コードメッセージを受け取ってくれる?」と返してくる。
この認証コードを教えてしまったら、LINEが乗っ取られ、すぐにLINEに連絡を入れ、「乗っ取られた」とのことを伝え凍結しなければ、LINEからのいくつかの方法で現金化されて財産を盗まれてしまうということだ。

乗っ取られたFacebookのアカウントはFacebookにメールで相談し、まず使えないように凍結してもらい、Facebookとのメールのやりとりの末、2日間の苦闘で取り返すことができた。

ホットしたのもつかぬま、自分のPCメールアドレスに侵入してアカウントを奪おうとするメールが一斉に何百と届き、Twitterを乗っ取ろうと相手がパスワードを変えようとしてきてのTwitterからセキュリティの認証のメールが届いてくる。
次々と個人に対してサイバー攻撃が仕掛けられてくる。
もうこれはホラー映画の世界である。

Facebookを乗っ取られた時点で、ありとあらゆるセキュリティを強化したこともあり、そのセキュリティの何重にもかけた壁は、このホラーのような攻撃でもどうやら乗り越えられなかったらしく、被害はどうにかせき止められたのだが、これだけつづけて乗っ取りに合うのはおかしなことだ。

これはおかしいと、Facebook・Twitterでログインされている場所を調べると、PC、iPadは自分がログインしている場所なのだが、iPhoneだけがアメリカのPortlandからのログインになっている。

そのログイン場所を消去しても、iPhoneを初期化してもiPhoneのログイン場所はアメリカのPortlandのままだ。

つまりアプリではなくiPhone自体が乗っ取れているということである。
とにかくインターネットでいろいろ調べても、これが的確なものがない。
ありとあらゆる試みで対処したのだが無理で、自分ではどうしようもなくなったことで、iPhoneのキャリアであるSoftBankに行き、もちろんiPhoneのことなのでSoftBankではわからないので、SoftBankからAppleに電話を入れてもらった。
直接、Appleのセキュリティの担当者と話すことで調べてもらい、その後のAppleからの的確な指示をもらい、今のところはどうにかiPhoneのアカウントは取り戻せたようだ。

いくつかの〆切と、大学、イベント、プロジェクトの仕事も山ほど抱えていた上、風邪でスケジュールがすべて遅れていた状態の中での今回の事件。

ただただ大変で疲れた10日間。
それとともに、セキュリティの大事さを知った10日間でした。

sixty

SONY DSC

2017年2月27日

60歳になった。
不思議な感覚なのだ。
60歳の還暦といえば、定年と言われた年齢であり、つまりは老後の生活の歳なはずである。
だがまだまだやらなければならなっことはあるし、やりたいことだって山ほどある。
今は間違いなく20代のころより忙しいし、やりたいことなど、年齢とともに倍々で増えていくばかりでここまで来ている。

40代のときに、「これから書きたいこと」を書き出してみたことがある。
当時、ボクサーを追いかけ、格闘家を追いかけ、琉球武術を追いかけ、中国武術を追いかけ、野球、サッカーなどなど、当時飛び回っていた取材の中から書きたいことを書き出し、まだまだ「書くために」「知るために」やらなければならない取材についても書き出してみたというわけだ。
これを取材して書くには何年かかるだろかと、大まかな年数とともに書き出していくと、40代のそのときで、すべて書くまでに100歳を遙かに超えていた。

考えてみれば、たとえば武術の菩提達摩を調べて書くには3年かかるなどと40代のときに言っていたが、達摩の出生の地、インドのケーララにさえまだ取材に行けていないし、時間だってそのときからもう20年近くも経っている。
それでも頭のかたすみにはそのことがあり、8年前には嵩山少林寺にある、達摩が面壁九年、壁に向かって九年座禅をし続け修行した洞窟にも行ってきている。
そのとき、達摩を調べている中で気になっていた、玄奘三蔵の生家にも行ってきたこともあり、達摩とともに、玄奘のことも書いてみたくなり、現在、調べていることがある。
つまり取材をすればするほど、書きたいものは必ず増えていく法則というものがあるわけだ。
年齢を重ねるということは、やりたいこと、やらなければならないことが無限に膨張しつづける、まぁ、人間の生きる中で「知りたい」「書きたい」という欲求は宇宙のようなものかもしれない。

すると「定年」とは何なのだろうか。
ぼくは、ずっとフリーという立場でやってきたことから、「定年」という観念は持っていない。
そこで考えてみた。
たとえば「稼ぐ」と「貰う」で考えてみる。
「貰う」人は、時給で仕事をしている人だと思っている。
たとえ形になっていなくても、その時間を働ければちゃんと給料でお金が貰える人である。
「稼ぐ」人は、たとえ100時間時間を費やしても、形に出来ていなければ、そこにお金が発生することがない。

つまり極端に言えば、「貰う」人は時給で生きる人であり、「稼ぐ」人は結果でお金を稼いで生きる人だということだ。

そう考えると、定年は「貰う」人の定義であり、「稼ぐ」人にはまったく関係のないことだとも言える。

ともあれ、日本人の寿命は、2007年生まれの、現在10歳のこどもたちにおいては、ついに人口の半数までが100歳まで生きると言われている。
そうなれば、60歳などまだまだ人生の半ばでしかない。

人は死ぬまで「知りたい」と、「成長したい」と生きることが幸せだと思っている。
100歳まで生きるとなれば、経験を元にして、時代のスキルを何度も学びながらの生き方になってくるはずだ。
そのとき大学という場所が、「知りたい」と、「成長したい」の大きな意味を持ってくるはずだ。
40代、50代、60代、70代…100歳で大学で学ぶ時代。

そうなると、大学でもまだまだやらなければならないことがいろいろあるというわけだ。

マンガもサイエンスとともに変化していく時代

2017年1月30日
 
時代が大きく変わって行っている。
ここ10年から20年で、現在存在する仕事の47%がロボット、AIによって自動化されるという研究発表が出ている。
「AIやロボットによって仕事が奪われることになる」と、そんな不安を煽るようにニュースは流されているが、時代と仕事と考えてみるとそれは時代の中で繰り返してきているだけのことだ。
 
時代とともになくなっていく仕事があれば、生まれてくる仕事だって当たり前だが、いくつもある。
 
たとえばiPhoneが生まれたのは2007年なわけで、まだ10年しかたっていないわけだが、スマートフォンが生み出した仕事、今から生み出していく仕事は無限に増えている。
アプリ開発を考えれば、10年前にはなかった仕事が、もう万単位で生まれ、これからも毎日のように新しい可能性は生まれていっている。

チャールズ・ダウィンが言っている言葉がある。
 
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」
 
まったくそうだと思う。
時代とともに、エリートと言われる仕事にしても、たとえば弁護士の仕事の大半は、AIとビッグデータによって処理できるし、新聞記者にしても、ロサンゼルスタイムスなどは、すでに記事は自動化されているし、天気予報など1秒で執筆してしまっている。
中央官庁職員など上級公務員や会計士などもまずAIによってほとんどが処理できる仕事になるだろう。
 
つまり大学で弁護士などエリート職だからといって、そこを目指せと学んだとしても、時代を読んで、変化に対応して勉強しなければ、無駄な授業料を払ってしまうということだ。
 
政治だって裏を読まなければならない。
今、トランプ大統領が雇用を高らかに叫んでいる。
Amazonは、向こう1年半でアメリカ国内で10万人を新規雇用する計画を発表したが、たしかにロジスティクス、クラウドテクノロジー、機械学習の分野での人材は意味があるが、大半の労働力は、「今」は必要だが、すぐにその部門での人材は不必要になることが見えている。
 
Amazonは2015年からピッキングチャレンジというアームロボットの世界大会を始めている。
 
それは人間がやっている分野をロボットにやらせるための、開発を目的とした世界大会なわけで、そのロボットが開発できた時点で、その労働力はいらなくなるというわけだ。
 
たとえ雇用された人材が1年、2年で職を失っても、トランプが雇用した数、Amazonが雇用を受け入れた実績は消えることはない。
(もちろん、Amazonがどういった雇用をするのか想像で言っているわけだから、あくまでこれは自分の想像でしかないのだが)
 
少し意地悪く見れば、「利用する人、利用される人」が政治の雇用の中にも見え隠れしてくる。
 
そう、利用されないにはどうすればいいか。
まさにダーウィンの言葉である。
 
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」
 
今、将来仕事は二極化されると言われている。
ひとつは科学や技術系。もうひとつは教育や芸術系。それ以外の仕事はどんどんと機械化されるであろうと言われている。
 
それは「科学」と「心」の二極化されるということだということだ。
 
昨年から大学で取り組んできている、ioT、AI、プロジェクションマッピングなど使っての開発は、マンガのキャラクターによって、あらゆるモノに「心」が生まれるという研究である。
 
今年はそれを「形」にしていく1年だと思っている。
マンガもサイエンスとともに変化していく時代だということだ。
サイエンスとマンガと自然。
今、栃木にある大学で研究している大きな「意味」は「自然」の中でのサイエンスとマンガの研究だと思っている。
 
さぁ、今年一年も間違いなく、「仕事が遊びで、遊びが仕事」な忙しい年になるということだ。